高額査定が期待出来る着物買取りのポイント

実家の物置を整理した時、引越しで家中をひっくり返した時など思わぬタイミングで着物が出てくることがあります。その他にもずっと処分に迷っていた着物の一着や二着をお持ちの方も多いでしょうが、着物は時にとんでもないような価格で売れることもあるので、捨てずに着物買取りに依頼することをおすすめします。ここでは高く売れる着物の特徴を整理しながら、着物買取りに出した方がよい着物の見極め方をチェックしていきましょう。

まず着物買取りでは着物の状態が何よりも重要です。
参照元:着物買取りガイド

何度も着用していた着物はそれだけで価値が下がってしまいますが、ほとんど着ていない着物であっても、絹は保存状態によっては劣化が進んでしまうので、裏地などが変色してしまっていることもあります。古い着物をチェックする際には、こうした劣化や色あせが鑑定の際のポイントとなりますが、当然仕付けのあるような未着用のものは価格が高くなる可能性は十分あります。

基本的には新しければ新しいほど高額買取が期待出来るのですが、有名着物作家の作品や正絹など生地が高価なものは、古くても高額査定のチャンスがあります。


高値となりやすい着物の買取価格

着物は高級品が多いことから、専門業者に買取してもらうとなると、相当な価格がつけられることがあります。
数十枚持っていれば、数十万円もしくは数百万円になることも夢ではありません。
母親や祖母などが着ていたもので大事にとってあったものの、自分では着用しないというのであれば、思い切って売ってしまった方がいいかもしれません。
着ないままタンスの肥やしにしていても、ダメにしてしまうことがあるからです。
カビが生えてしまったり、虫に食われてしまったりしたら、かえってもったいないということになります。
そこで、お勧めなのは、着物の買取を専門的に行っている業者を見つけることです。
インターネットでも簡単に探せますし、最寄りに店舗があるのなら、持ち込んでみるのもいいかもしれません。
ただし、きちんとした鑑定をしてくれるようなところではないと意味がありません。
価値をきちんと理解しているような業者を探すことをお勧めします。
価格はピンからキリまであるため、一つの業者よりも複数の業者に見てもった方が有効的です。
その中で一番、高値をつけてくれたところに売った方が断然、お得となるからです。
高品質で希少価値のある着物となれば、数百万円の値がつけられることもあります。
これを買取してもらえれば、家計の足しにももちろん繋がるはずです。
まずは鑑定だけでもしてもらうことをお勧めします。
価格を聞いた上で売るかどうか決断しても、決して遅くはありません。